SSKトレーニングシューズ「TABI(足袋)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SSKの地下足袋型のトレーニングシューズは、2015年から発売されています。現代人はクッション性の良い靴を履いているため、踵から地面に接地したり、小さめの靴で足の指を締め付けたりで、足の指を上手く使えない人が増えています。そんな指の使えていない選手の為に、SSKの”TABI(足袋)”はとてもいい商品だと思います。




SSKパワーランナーTABI(足袋)の特徴

足裏の力を再生させる

SSKは、足が持つ本来の機能に注目し、体全体を支える足裏の力を再生させる力を持つ地下足袋タイプのトレーニングシューズを開発しました。現代人は、靴を履くのが当たり前で、素足で走り回ることがなくなり、いつの間にか、足の指の使い方を忘れている人が増えています。TABIを履くことにより、足の指で地面を掴み、足底筋膜が鍛えられ、 地面をつかむプレーを可能するシューズ(足袋)になっています。

足裏(足指)はバランスに重要!!

足の裏にはメカノレセプターと呼ばれる感覚受容器がたくさんあります。このメカノレセプターによって、自分のバランスがどの位置にあるのか、体重が足のどの位置にかかっているのかを判断し、体のバランスを取っています。現代人はこのメカノレセプターの機能が低下しがちです。

昔は裸足で外を走り回ったり、靴にしても足袋など、底の薄い履物で足の裏にしっかり刺激を与えていました。現代では靴下を履き、靴はクッション性の良い物で、足裏にあまり刺激がなく、メカノレセプターの機能が低下している人が増えています。

メカノレセプターの機能を上げるには、素足で歩いたり、足の指をしっかり使い、足に刺激を与えて上げるのが大事になります。

バランスは、とてもスポーツにとって重要です。ピッチングにしても、バランスを崩した状態ではいい球を投げれないですし、バッティングにしても、安定して構えから、スイングまで出来ていないとボールをしっかりミートできません。

そこで足の指を使うのに、このSSKのTABIは親指と他の指が独立しているため、指に力を入れやすなっています。練習のアップやクールダウンの時に履くだけでも、指の運動にもなるので、とても効率的なシューズだと思います。

仕様

商品名:TABI

品番 :SPTR558

価格 :¥9,800+税

素材 :甲材-人工皮革

底材-アウトソール・ミッドソール/合成樹脂

サイズ:25.0~28.0cm

TABIの評価

SSKのTABI(タビ)は足の指をしっかり使えて、足裏の感覚機能を上げる効果があるので、現代の足の指がしっかり使えていない選手にピッタリだと思います。ただサイズが25.0cm~なので、ある程度、足が大きくなってからしか履けないです。指が使えない選手は、小学生でも多くいるので、できれば小学生から使えるサイズ展開を期待したいですね。

     

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加