広陵中村選手愛用カウンタースイング(カチカチバット)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広陵高校の中村奨成選手の活躍で一躍有名になった、カチカチバットことアシックスのカウンタースイング!!

大人気の為、現在入手困難になっているみたいですね。

カチカチバットの効果を調べてみましょう。




以下の方におすすめ

・体の開き、ドアスイングを改善したい
・逆方向に伸びる打球を打ちたい
・アウトコースの捌き方を身につけたい
・ヘッドを利かしたスイングをしたい

目的

上から叩く。最短距離で打つ。これは、殆どの野球経験者が教わる打撃法です。しかしこの練習に取り組む選手の中には、バッティングホームに悪い癖をつけてしまう選手がいます。

最短距離を意識するあまり、ミートゾーンが狭くなりその結果、急激に手首を捏ねる手打ちスイングになってしまう選手も多いみたいです。その問題を解決するのが『脱力を鍛える』という発想で、脱力を鍛えられると、ミートゾーンの幅が大きくなる。言いかえれば、ミートポイントで力を発揮させるタメに必要である、スイングの最適距離が獲得できるそうです。

カウンタースイングは、そんな至極の技を鍛えるタメに開発されたトレーニングバットであり、ホームランや長打を打ちたいと思う選手にいい練習法です。常識通りのスイングなら、二つのコマは分散し二回の音が鳴る。それは、振り幅が狭く力を発揮させるタメの最適距離が取れていない合図で、それとは逆に、二つのコマを分散させずに振りだせた場合、後頭部付近で一回の音が鳴る。それは脱力が鍛えられた合図だそうです。力を入れるタメに、脱力を鍛える。野球界の常識の反対を行く。ホームランを拘る全ての方へ。脱力して飛ばせ。

 

カウンタースイングの評価

カチカチバットはタメながら振る。振りながらタマるのイメージで行うみたいですね。ドアスイングの方や体が開いてしまう方、ヘッドを利かすためのスイングの練習によさそうですね。しっかりとバットのしなりを効かせながらのバッティングを身につけて力強いバッティングができるように頑張りましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加